「ほんとうに大切なもの」を気づかせてくれるオーディションが泣ける

「ほんとうに大切なもの」を気づかせてくれるオーディションが泣ける

あなたにとって「ほんとうに大切なもの」は何ですか?
慌ただしい日々の中、見失いがちな「大切なもの」。
その答えに気付かされるオーディションムービーを紹介します。

o01
youtube.com

故郷を離れ東京で夢を追う若者たちが、オーディション会場に集まりました。
「世界で活躍するキーボーディスト」「女優さん」
思い思いの夢を語る若者たち。

一方、地方に住んでいるお父さんお母さんは、そんな子どものことを、どのように思っているのでしょうか?

o02
youtube.com

「体の面では、やっぱ心配だね」「離れていても、ずっと家族なので頑張ってください」
親は、いつも子どもたちのことが心配なようです。
そんなお父さんお母さんに、子どものオーディションの様子を見てもらいました。

o03
youtube.com

若者たちに質問です。
「人生でいちばん大切なものはなんですか?」

o04
youtube.com

「自分ですね」「私らしさです」「自分を持って表現する」
「自分」と答える若者ばかりでした。

では、質問を変えましょう。
「あなたの親にとって『いちばん大切なもの』は何だと思いますか?」

o05
youtube.com

「私たち子どものこと」「私、子ども」「自分だと思います」
若者たちの言葉を、真剣に見つめるお父さんお母さんたち。

では、改めて質問します。
「あなたにとって『ほんとうに大切なもの』は?」

o06
youtube.com

この質問に言葉が詰まる若者たち。
考えて考えた末に出た答えとは・・・「親です」。
子どもが「親の思う大切なもの」を考えた時、家族を想う気持ちのスイッチが入ったのです。
「大切なもの」について気付かされる、涙なしでは見られない、“こころ“のスイッチが押される瞬間をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=5OQQ0YK6bHk

この動画は、オリンパスの「家族想いスイッチ」キャンペーンの一環で制作されたもの。
このキャンペーンは、内視鏡の発展と普及を目指す目的で制定された「内視鏡の日(7月14日)」を機に開始しました。
家族の存在の大きさと、尊さに気付かされる動画でした。

オリンパス「家族想いスイッチ」:特設サイト

出典:オリンパスOLYMPUS 家族想いスイッチ「こころのオーディション」 - YouTube