【自分の意思でやってます!】87歳のアマチュアカメラマンの自撮り作品に吹き出す

【自分の意思でやってます!】87歳のアマチュアカメラマンの自撮り作品に吹き出す

年齢を重ねても遊び心を忘れない人は、いつまでも若々しく元気です。
今回ご紹介する西本喜美子さんもその一人。

喜美子さんは1928年生まれの82歳という年齢にもかかわらずアマチュアカメラマンとして活動し、個展を開くほどの腕前なんです。
しかも初めてカメラに触れたのが71歳の時だというから驚きです。

そんな西本喜美子さんの作品がこちら。
セルフポートレート01_R
西本喜美子

セルフポートレート02_R
西本喜美子

セルフポートレート03_R
西本喜美子

セルフポートレート04_R
西本喜美子

セルフポートレート05_R
西本喜美子

セルフポートレート06_R
西本喜美子

とんでもない破壊力です(゚Д゚;)
これらの作品は、息子さんの写真教室「遊美塾」による『セルフポートレート33人展(遊美塾企画展)』で展示した作品。セルフポートレート(今風に言うと自撮り写真)、つまり自分の意思で構図を考えて撮影した作品なのです!
遊び心に溢れた、とっても素晴らしい写真ですね。

喜美子さんは、元々カメラ好きだったご主人と、アート・グラフィックディレクターでもある息子さんの和民さんの協力もあって写真にのめりこんでいったそう。そして現在ではデジタル一眼を使いこなしMacで画像の加工まで行っているそうです。
チャレンジに年齢なんて関係ないということを、見事に証明してくれました(笑)。

下記リンクでは、喜美子さんのコメントを見ることができますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

喜美子さんのコメントはこちら

協力:遊美塾

サイトー

ライター

サイトー

会社のウォシュレットを「強」にする犯人。サイトーです。
PS.アイコン変わりました!twitter.com@CuRAZYsa

元不動産会社勤務。4年勤務したのち、2年間の自由業を経て、去年の1月よりクレイジーでライターとして勤務。