「身近な感じがしない」 つんく♂がMay J.に伝えたアドバイスが話題

「身近な感じがしない」 つんく♂がMay J.に伝えたアドバイスが話題

2014年、咽頭ガンが発覚し、声帯を摘出したつんく♂さん。ミュージシャンの命とも言える声を失ったつんく♂さんですが、現在も精力的に活動しています。

つんく♂さんが、デビュー10周年を迎えたMay J.さんのニューシングル「Have Dreams!」の作詞を担当。作曲は小室哲哉さんという、同時代にしのぎを削ったプロデューサーの初タッグ作品です。

06
youtube.com

May J.さんといえば、「Let It Go」などで見せた圧倒的な歌唱力が魅力ですよね。そんなMay J.さんのボーカルディレクションの際に、つんく♂さんが行ったアドバイスが話題を呼んでいます。

02
youtube.com

May J.さんに対し、直したいことがあると切り出したつんく♂さん。そしてこのように明かしました。

曲を聴いていると、どの曲も全力で歌っている。歌の上手さは伝わってくるけど、身近な感じがしない。
持ってる力を全部発揮しなくていい。

「そんなふうに考えたことは一度もなかった」というMay J.さん。今まで全力で歌ってきたMay J.さんにとって意外な言葉でした。

04
youtube.com

そして、つんく♂さんは続けてこのように質問しました。

May J.が思うDreamって何?

これに対し、May J.さんは壮大な夢を語ります。すると、つんく♂さんはこのようにアドバイスしました。

それは大きすぎる。“週末に家族とディナーしたい”みたいな小さいことを想像してみて。

ちょうどその時、お父さんとケンカしていたMay J.さん。お父さんと仲直りしたいなという気持ちで歌ったら、つんく♂さんからスゴく良くなったと言われたとのこと。

03
youtube.com

偶然か必然か。May J.さんは小室さんからも全く同じアドバイスを受けたといいます。

May J.が歌う『Have Dreams!』はスケールが大きすぎて、身近に感じられない。隣にいる人に語りかけたり、電話で話しているように歌ってみて。

そんな2人のプロデューサーの助言で生まれ変わった、May J.さんの『Have Dreams!』をお聞き下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=8VzDWMH94kc

May J.さんは、かねてから「自分の歌には足りないものがある」と感じでいましたが、その何かが分からずにいました。2人のプロデューサーに出会ってその何かに気づけたとのこと。やはり歴戦のプロデューサーは目の付け所が違いますね。つんく♂さん、小室さん。そしてMay J.さんのこれからの活躍に期待しています。