「もしかして…この味…」上京して4年、一人の男性が感動したおでんの味とは…

「もしかして…この味…」上京して4年、一人の男性が感動したおでんの味とは…

実家を出て一人暮らしを始めると、慣れ親しんだ家庭の味をフッと思い出し、無性に食べたくなることってありませんか?

上京して1年は、何をやっても上手くいかなかった

そう語るのは、九州・宮崎県から上京してきて、4年が経つ大地(28歳)さん。忙しい日々の中、やはり記憶に強く残る家庭の味が、恋しくなることがあるようです。

01

大地さんが子どもの頃、玄関を開けた瞬間、漂う香りで晩ご飯を当てられたのが、おでんだったとか。

それほど好きなお母さんの作ったおでんを、お店のおでんとして出されたら…。

02

大地さんには内緒で行われた、サプライズ!果たして気づくことはできるのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=7VR2NtD0Uj8

初めて食べた、おでんだけど…

関東のお店でおでんを食べるのは、今回が初めてだという大地さん。関東のコンビニで食べた味付けと同じなら、薄味の実家のおでんとは全然違うものだと予想します。

しかし、一口食べてみると…。

03

美味しいです。でも、なんか実家の味に近い気がします。優しい味で…

と不思議そうな表情…もしや、一口でわかってしまいました!? 別室で様子を見ていたお母さんは、ちょっと嬉しそうです。

大地さんの健康を想い、毎日ご飯を作っていたお母さんの100%手作り料理。おでんには珍しく、ニンジンが入っているのも家庭料理ならではですね。

04

そして、満を持してお母さんが目の前に現れ、「お母さんのおでんって気づいた?」と聞くと、「気づきました」と照れ笑い。

やはり愛情のこもっている手料理は、一味違うようです。

05

実家の味を食べている自分に驚いている。ここはどこなんだって(笑)もしかして、宮崎なのかなって

遠く離れた故郷を思い浮かべてしまうほど、記憶に強く残る家庭の味。手間と時間をかければ、再現できるかもしれませんが、簡単には作れそうにありません。

06

それでも手軽に作りたいときは、ダシの効いた『プチッと鍋おでん』を使えば、優しい味をサッと作ることができそうです。一人前ずつ使い切れるパックも、一人暮らしにはありがたいものです。

手作り感のある美味しいものをすぐに食べられたら、忙しい毎日に活力が湧いてくる気がします。

夏が終われば恋しくなってくる、温かいおでんの味。今年は、『母の味』を思い出しながら、自分で作ってみるのもいいかもしれませんね。

エバラ「プチッと鍋 おでん」

提供 エバラ食品工業
1