笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
【学校ではなく病院の先生に救われた】 何事も難しく考えちゃう人に伝えたい漫画

【学校ではなく病院の先生に救われた】 何事も難しく考えちゃう人に伝えたい漫画

忙しい年度末。毎日多くの予定をこなして、頭がパンパン。余裕のない日々を送っている人も多いのではないでしょうか。
特に苦労するのが、些細なことでも手を抜くことが出来ない頑張り屋さんな人。

責任感が強いと言ってしまえばよく聞こえますが、1から10まで全てを理解して、完璧にこなすのは簡単なことではありません。今回ご紹介する漫画は、そんな「なんとなく」で済ませられない人に読んでもらいたい作品。別冊少年マガジンで『アポロにさよなら Let’s go home!』を連載していた道雪 葵さんが、ご自身の幼少期の体験を元に描きました。

何事も難しく考えちゃう人に読んでもらいたい漫画
twitter.com@michiyukiaporo

何事も難しく考えちゃう人に読んでもらいたい漫画
twitter.com@michiyukiaporo

何事も難しく考えちゃう人に読んでもらいたい漫画
twitter.com@michiyukiaporo

何事も難しく考えちゃう人に読んでもらいたい漫画
twitter.com@michiyukiaporo

確かに、なぜ1と1を足すと2になるのか。突き詰めて考えるとうまく説明するのって難しい・・・。多くの人は「なんとなく」で済ませてしまうかもしれませんが、それが出来ない人は混乱しても仕方ありません。

そんな葵さんを救ってくれたのは学校の先生ではなく、精神科の先生。精神科というとネガティブなイメージをしてしまう人が結構いるかもしれませんが、葵さんは間違いなくその先生の言葉に救われています。
心に余裕が無くなったり、精神的に不安定になったときには、自分で解決しようとするばかりでなく、一歩勇気を出して病院に行ってみるのが、最良の選択肢になるかもしれません。

ちなみに、こちらは後日談を描いた漫画。葵さんが漫画家を目指すきっかけも描かれています。

何事も難しく考えちゃう人に読んでもらいたい漫画
twitter.com@michiyukiaporo

人間、何がきっかけで人生が決まるかなんてわかりませんね。

コメントする

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET