CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
TRF DJ KOOの素顔に迫る!キリンメッツほど刺激的だった体験とは

TRF DJ KOOの素顔に迫る!キリンメッツほど刺激的だった体験とは

キリンビバレッジから4月25日にリニューアルされた「キリンメッツ グレープフルーツ」。そして今回、商品リニューアル記者発表会があるということで我々も早速お邪魔して来ました!
キリンメッツ グレープフルーツ
SAYA
先日こちらの記事でもご紹介させて頂いた、リニューアル発売を記念して制作されたスペシャルムービー。

今回は何とそのスペシャルムービーから、出演者の中尾彬さん、DJ KOOさん(TRF)、みやぞんさん(ANZEN漫才)の3名がゲスト出演。
キリンメッツ トークセッション
それにしても、とっても個性の強いメンツ・・・。

中尾彬さん、DJ KOOさん(TRF)、みやぞんさんのトークセッション

DJ KOOさん、中尾彬さんに忘れられ落胆!?

まずは3人のトークセッションから。撮影はとても大変だったのだそうで、中尾さんは「よく見ると主役は俺じゃなくてこっち(ネジネジ)なんだよ。ネジネジに食われたっていうのは初めてだよ」と少し不満そうな様子(笑)。
そしてこんな裏話まで。楽屋で中尾さんに「SAMは元気かね。実は20年前に一緒にドラマをやったことがあってね」と声をかけられたDJ KOOさん。ですが実は20年前に共演したのは、SAMさんではなくDJ KOOさん本人だったようです!(笑)

中尾彬さんの人生で最も刺激的な体験

司会者の方から「人生で最も刺激的な体験は?」と聞かれると、中尾さんからこんな感慨深いお言葉が。「考えてみたら刺激ってないんですよね。明日明後日にはあるかなと思ってこの仕事をしてるんですよ。毎日刺激を求めてるんです」
そんな中尾さんですが、新しくなったメッツのお味については「大人の苦さ。人間の成長っていうのは味でしか表現できないんだよね。だって甘酸っぱい、甘い考え方、辛い思いとか、人間が渋くなってくるとかさ。人間っていうのは味覚でしか表現できないから」とのこと。さすが多くの苦難を経験している中尾さんだけあって、とても感銘を受けました。

本日限定のスペシャルコラボレーションも!

そんな4月25日はみやぞんさんの32歳の誕生日。DJ KOOさんとお二人で誕生日にふさわしい刺激的なパフォーマンスを披露してくださいました。ですが中尾さんいわく「迷惑な芸でしたね。もう二度とできないでしょう」とのこと(笑)。それに対して「今日で中尾さんのファンになりました」とのお二人。そんな二人に対して「迷惑だよ(笑)」と言い放つ中尾さん(◎_◎;)。この異色な三人の掛け合いがとてもユニークで、終始楽しいイベントでした!

IMG_5507

DJ KOOの素顔に迫る!個別インタビュー

そして今回、ギャルラッパーを代表して、私SAYAが特別にDJ KOOさんを個別取材させて頂きました!
interview中

DJ KOO流 夏の過ごし方

ご多忙の中ありがとうございます。よろしくお願い致します。
いえいえいえ。天気の良い中、遅くまでありがとうございます。よろしくお願いします。
今日本当に天気良いですね!マジ、ハンパナーイス♪(スペシャルムービーのDJ KOOさんのセリフより)
マジ、ハンパナーイス♪
ありがとうございます(笑)。もうすぐ夏ですが、この夏はどんな風にはじける予定ですか?
身も心も健康体で行きたいなと。18歳の頃からDJを始めて、今までずっと不規則極まりない生活だったんですけど、これから更に元気になるために良い体に戻して、良い夏を過ごそうかなと。
昼型に戻したりということですか?
昼型はどうしても無理なんで、ちゃんと体のために良いことをしようかと。食生活とかもマラソンとかもやってみようかなと思ってます。普段そういったことはやらないので。
私も普段はラッパーとして活動しているのですが、規則正しい生活に戻したいけどどうにもならないっていう気持ち、凄く分かります!生活治したら頭痛とかも治るのになって思うんですけどね。
僕も頭痛持ちなんです!季節の変わり目とか起きれないほどで。夜遅くまで色々やっているので、ナイトシーンが面白くて起きれないのもあるんですけどね(笑)

IMG_5546

DJ KOOのキリンメッツのように刺激的だったエピソード

今回の商品のテーマでもありますが、今までで一番刺激的だったエピソードを教えてください。
毎日毎日大きい刺激小さい刺激っていっぱいあるのですが、DJやってるときは毎回刺激的です。普段行かない土地でDJをやってガツーンと一体感ある時なんかは刺激的ですよね。特に最近またディスコシーンが流行ってきてて、30代はもちろん40代50代の人たちがまたフロアに集まってきてくれて、盛り上がっている姿とか刺激的ですね。
最近ディスコ系のクラブもできたりしているので、一回落ち着いたけどまたCLUBに戻ってきてる大人の方なんかも居るみたいですね。
こないだ北海道の岩見沢のずっと続いてる地元のイベントとかも凄く刺激的でしたし、こないだ新潟も行きましたし、そういうところでやるDJは凄く刺激的ですね。
地方によって色々なシーンがあるので面白いですよね。
あと、小さな刺激で言えば、最近スマホを新しくしたのですが、保護シートがなかなか上手く貼れなくて。それを娘に頼んだら一発で貼ってくれて、「あっやっぱJK凄いな」って思いました。
恐るべし、JKパワー!(笑)

実力は超一流!音楽への道を志したきっかけ

高校時代はラグビー部だったとのことですが、音楽への道を志したのはいつですか?
ラグビーを始める前に、中学の時にギターを始めたんです。小学校高学年の頃に、当時はアイドルの方もいらっしゃったんですが、大人の影があった沢田研二さんに憧れて。するとルーツはグループサウンズの『ザ・タイガース』で、アルバムを聴くと知っている曲が全然なくて。当時のグループサウンズって洋楽のカバーをするのが流行っていて。それが『ザ・ローリング・ストーンズ』だって知って、ロックに入って、勉強よりも音楽でミュージシャンになろうって思って。それでバイトをしてギターを買って、ラグビー部をやりながらバンドを始めて。本当は卒業してミュージシャンになりたかったんだけど、社会に出るとちゃんと基礎をやってなかったりするところで差が出てくるんですよね。なのでそこで一旦諦めつつ、音楽の道っていうんでDJになりました。
実は私、小学生の頃にTRFのSAMさんの番組で、無名のダンサーさんたちを育ててNYのストリートで踊ろうっていう企画を見て、「NYで歌いたい!」って思って、高校卒業後に必死でバイトしてNYに歌いに行ったんです。
物心ついた時には音楽以外やりたいと思うのがなかったということですね。僕もそうですが、それが今やれているということは凄く有り難いですよね。仕事という感じがそんなないんですよね。好きなことをやっているんで。
KOOさんは今こういった状況下でだからこそ「盛り上げたい」ということで現場活動を続けながらバラエティとかでもご活躍されているとのことで、私たちにアンダーグラウンドで活動している人間にとってもそれは凄く励みになるし、嬉しく思います。
TRFをやり始めた頃もその前も、昔はアンダーグラウンドとオーバーグラウンドの差があった時代で。それが今は色々なアイドルとコラボしたりとかしていて。でもそれがそこに結びついているのはアンダーグラウンドで活動してきたお陰だと思ってます。やっているところの過程として続いている感じがしてます。
凄く励みになります(╥ω╥`)

IMG_5568

DJ KOOのラップを始めたきっかけ

DJのみならずラップもこなしてしまうKOOさんですが、ラップを始めたきっかけは何ですか?
僕がDJを始めたのは80年代の初頭で、色々なキャンディ・ポップがかかってるところからサーファー時代が来て、一気に『シュガー・ヒル・レコード』とかヒップホップが来たんですよ。それプラス「みんな盛り上がってくよ」とかっていう煽りだったり、『カーティス・ブロウ』とか『シュガー・ヒル』が出てきたラップをこなしていくような感じで、その時に自分たちでリミックスグループを作ったりしながらやっていて、それがきっかけだと思います。
す、すごい・・・。
その前にもやっていましたが、実際には「EZ DO DANCE」のラップへの踏み込みが一番刺激的でしたね、ラップは邦楽じゃないと思っていたんで。
「EZ DO DANCE」でのラップは本当に印象強かったですもんね。
今まで周り内だけでやっていたのが、いざロンドンに行ってレコーディングしたので。周り外国人だらけで、最初は「英語直されたらやだな」とか思ったんですが、「やるしかないな」と思って。「EZ DO DANCE」のラップを録った時に踏み込めた感じがしました。「英語何言ってるか分からないけど、かっこいいからいいや」って(笑)。それで良いんだなって。

DJ KOOの今後挑戦したいこと

音楽のみならずバラエティーなどでも大活躍中のKOOさんですが、今後どういったことに挑戦していきたいですか?
音楽番組をやりたいです!音楽+バラエティでも良いのですが、バラエティ番組に出させて頂いて、芸人さんたちのスキルとか、そこに行くまでの気持ちの持っていきようとか、層の厚さとか、スキルが凄いんですよね。ミュージシャンも昨今「CDが売れない」とか言われていますが、ミュージシャンの見れない世界を自分は見させてもらっていると思っているので、その部分を生かして、何かメディアを通して伝えられるようなことができたらいいなと。音楽は笑いと同じで元気にも刺激にも翌日の活力にもなるので。MCも勉強して司会とかもやってみたいです(笑)。
絶対合いそう!ラップ調でイケイケな感じで!めっちゃ良さそうです!
そしたら音楽番組とかアシスタントやってください(笑)。
勉強しておきます(笑)。ありがとうございました。
こちらこそありがとうございました。

IMG_5554

DJ KOOさんと筆者。一緒にクレイジー(CuRAZY)のCポーズで。
002

Twitter:DJ KOO (@DJKOO_official)

TRF HP:TRF Official Website

リアルな果実感と強炭酸の刺激的な美味しさを前面に出し、新しく生まれ変わった「キリン メッツ グレープフルーツ」。この夏はこれを飲んで刺激的な夏を過ごしてみてはいかがでしょうか( ´艸`)

Screen Shot 2017-04-25 at 5.40.07 PM

キリンメッツ グレープフルーツ 詳細ページ

クレイジー SAYA

ギャルラッパー兼インタビュアー

クレイジー SAYA

「SYK」という名前でラップしてます。新曲のPV公開しました(人・ω・)☆
https://www.youtube.com/watch?v=t4ILgIUXnGA

Twitterもやってます(´ . .̫ . `)
http://twitter.com/hiphop_diva_SYK

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET