CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
明日7月14日公開!実写版映画『銀魂』のあらすじやキャストを予習!

明日7月14日公開!実写版映画『銀魂』のあらすじやキャストを予習!

週刊少年ジャンプで現在も連載中の「銀魂」の実写映画化で注目されています。
アニメでも大人気を誇っていることから、楽しみという方が多いでしょう。
監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズの脚本・演出を手掛けた福田雄一であることからも期待できそうです。

この記事では、気になるキャスト情報や公開日を紹介しています。

映画「銀魂」は7月14日公開

劇場版アニメ銀魂でも人気を博した紅桜篇。
実写版銀魂では、どのような演出となっているのか注目ですね!
豪華キャスト陣によって作られる銀魂の世界観は今からでも期待が高まります。

映画「銀魂」のあらすじ

時は江戸時代末期。「天人(あまんと)」と呼ばれる宇宙人によって鎖国を解かれたパラレルワールドの江戸の町に、かつて「白夜叉」呼ばれた剣の達人・坂田銀時が営む「万事屋銀ちゃん」という便利屋がありました。
メンバーの新八、神楽とともに、飼い犬探しから命を賭けた依頼までなんでもこなす銀時。ある日彼のもとに、かつて攘夷志士としてともに戦った桂小太郎が消息不明になり、高杉晋助が挙兵したという情報が舞い込んできます。
小太郎の行方を探すとともに、事件の調査に乗り出した3人。しかし新八と神楽の身に危険が迫り、銀時は仲間を守るため、かつての同志と対峙することとなります。

キャスト情報

坂田銀時 / 小栗旬

主人公の坂田銀時を演じるのは、ドラマや映画に引っ張りだこの人気俳優・小栗旬。
銀時は天然パーマの銀髪が特徴的な「万事屋銀ちゃん」を営む侍です。普段は死んだ魚のような目をして無気力な生活を送っていますが、実は「白夜叉」の異名を持つ伝説の剣士。極度の甘党であり、血糖値は糖尿病寸前。愛読書は「週刊少年ジャンプ」で、一番好きな漫画は「ギン肉マン」という人物です。
仕事柄、交友関係は広いですが、特に万事屋のメンバーである新八と神楽は家族のような存在。普段はだらしないけれど決める時はビシッと決めるのが銀時の魅力なので、そのギャップを小栗さんがどう演じるかが見どころです。

志村新八 / 菅田将暉

万事屋のメンバーである志村新八を演じるのは、若手きっての実力派・菅田将暉。
眼鏡姿で一見弱そうな新八ですが、実家が剣術道場「恒道館」であることから、幼い頃から剣術の修行を積んできました。しかし母親は自分を産んですぐに他界し、父親も病死。姉であるお妙と二人暮らしをしていますが、金貸しの社長に人身売買されそうになるなど、不遇な人生を送ってきました。
侍魂を学ぼうと万事屋で働き始め、銀時を兄貴分と慕う一方、あまりにもだらしない銀時に軽蔑の視線を向けることも。作中では数少ない常識人のため、映画でも周りにツッコミを入れまくる存在になりそうです。

神楽 / 橋本環奈

万事屋に住み込みで働く神楽を演じるのは、「千年に一人の逸材」と言われるアイドル・橋本環奈。
神楽は絶滅寸前の宇宙最強戦闘種族・夜兎族の生き残りの少女で、驚異的な身体能力の持ち主。青い眼と白い肌が特徴の美少女ですが、口が悪く自己中心的な性格であり、歳上である銀時や新八に対しても暴言を連発し、振り回しています。しかしそれも愛情の裏返しであり、本心では家族のように思っている様子。特に新八の姉・妙には懐いていて、本当の姉妹のように仲良しです。
映画ではワイヤーアクションやちょっと下品なシーンにも挑戦しているとのことで、その体当たりの演技に注目です。

桂小太郎 / 岡田将生

攘夷戦争時に銀時とともに戦った同志・桂小太郎を演じるのは、イケメン俳優の岡田将生。
黒髪ストレートの長髪と整った顔立ちが目を惹く小太郎は、「狂乱の貴公子」「攘夷志士の暁」「逃げの小太郎」などの異名を持ち、敗戦後には反幕府勢力「攘夷党」を結成し、真選組の追っ手を避けながら攘夷活動をしています。
万事屋のメンバーからはいつも馬鹿にされていて、銀時などから「ヅラ」と呼ばれるたびに「ヅラじゃない桂だ」と返すのがお約束。そんな万事屋メンバーとの掛け合いや、ペットとして溺愛している謎の宇宙生物「エリザベス」がどう描かれるのかが見どころです。

妙 / 長澤まさみ

新八の姉・妙を演じるのは、美貌と演技力を兼ね備える長澤まさみ。
妙は両親を亡くし、新八と2人で生活しながら「恒武館」を守ってきました。「江戸一番の美少女」と呼ばれ、一見おしとやかに見えますが、腕っぷしは強く、拳ひとつで人を吹き飛ばしてしまうほど。
料理の腕は壊滅的で、食べたものに健康被害をもたらすほどのダークマターを生み出すことで有名。真選組局長の近藤から惚れられ、ストーカーのごとく追い回されていますが、その度に返り討ちにしています。
長澤まさみが「これまでとっておいた」という変顔でのお芝居に注目です。

岡田似蔵/新井浩文

鬼兵隊の盲目剣士・岡田似蔵を演じるのは、実力派俳優の新井浩史。
若い頃に病気で視力を失いますが、嗅覚・聴覚・勘が人一倍発達していて、対象を光で探知できる居合斬りの達人です。サングラスにオールバックというクールな佇まい同様、冷酷で好戦的な人物で、鬼兵隊でも問題児扱いされています。嗅覚を利用するため、鼻詰まりを防ぐ「お鼻すっきり」という洗浄薬を愛用。ご本人が「地獄の殺陣」と語るほど大変だったというバトルシーンには注目です。

武市変平田/佐藤二朗

鬼兵隊随一の策略家・武市変平田を演じるのは、個性派俳優の佐藤二朗。
常に冷静沈着でポーカーフェイスの変平田は、鬼兵隊の参謀としてその頭脳を発揮しています。自称「子ども好きのフェミニスト」ですが、攘夷浪士の間では「変人謀略家」と呼ばれ、行動を共にすることが多いまた子からは「ロリコン」呼ばわりされています。実戦経験が少ないため、真剣を持つと震えてしまうことも。福田組の常連である佐藤二朗の「変人」ぶりに期待です。

来島また子/菜々緒

鬼兵隊の紅一点である来島また子を演じるのは、スタイル抜群の女優・菜々緒。
「紅い弾丸」の異名を持つ二丁拳銃の使い手で、金髪とへそ出し&ミニスカのファッションが特徴。気性が荒く攻撃的な性格で、特に「晋助様」と呼び崇拝している高杉晋助をけなす者には容赦なく攻撃します。語尾に「~っス」をつけるのが口癖で、よく一緒にいる変平田に対してはツッコミ役となることが多い様子。繊細なデザインで手作りされた衣装も見どころです。

村田鉄矢/安田顕

刀鍛冶の村田鉄矢を演じるのは、幅広い役柄をこなす安田顕。
江戸随一の刀匠だった村田仁鉄の息子で、父の後を継ぎ、妹の鉄子とともに鍛冶屋を営んでいます。人の話を聞かず、とにかく大声で喋るのが特徴で、刀以外のことは頭にない刀馬鹿。生前父が打った刀「紅桜」と機械を融合させ、対戦艦用機械機動兵器を開発。しかしその妖刀「紅桜」が盗まれてしまい、探して欲しいと銀時に依頼します。この妖刀「紅桜」が映画でどのように描かれるのかも見どころです。

村田鉄子/早見あかり

村田鉄矢の妹・鉄子を演じるのは、元ももクロメンバーで女優として活躍する早見あかり。
ひたすら声の大きい兄とは正反対に、ボソボソと喋り、気弱で内気な性格の鉄子。「最強の剣」を作ることに人生をかける兄に対し、「人を護る剣」を作ることを目指しています。原作では青髪で個性的な髪型をしていますが、映画では黒髪で大人しめな仕上がり。刀に詳しい鉄子を演じるにあたり、実際の刀鍛冶の仕事場を訪れて勉強したそうで、刀の扱い方などにも注目です。

https://youtu.be/nQBUQmfuMlU

ぺい

愛ゆえに愛を捨てた女

ぺい

打ち上げ花火は横から見る派です。

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET