笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア

【恋愛 名言10選!】核心をついたキレッキレの名言

恋は盲目という言葉があるように、恋をするとこれまで見えていたものや、見なければいけないことがどうでもよくなってしまう、なんてことがありますよね。今回は、おもわず頷かずにはいられない恋愛に関するツイートをまとめてみました。

1.

合わせようと努力できるくらいの相手ではなかったということですよね。
その努力が出来ない時点で、愛情のない関係であるのを証明しているでしょう。
恋愛ってそういった努力を自然にしたいと思える相手を求める行為な気がします。

2.

いや、それは結婚と恋愛は別と昔から言われるように、結婚する前に気付かなければいけない重要事項でしょう。
その点でご友人は、抜かりがあったということです。
今さら熱弁するほどのことでもありませんよね。
ご友人にこの先幸多からんことを願うばかりです。

3.

ではその逆のほれた男を素直にさせるのがイイ女ということでしょうか?
確かに恋愛上手のモテ子の彼氏は、性格の良い男性が多い傾向にあります。
ということで、惚れた男をめんどくさい男にするのはメンヘラ女だとここは自論を述べておきましょう。

4.

それは平安時代の古典などにおいては、男の涙はモテる男の必需アイテムとして登場します。
源氏物語の光源氏など泣きまくっていますから、男の涙はその時代の価値観によって変遷してきたと言えますね。
男泣きもできないこんな世の中じゃ、ということです。

5.

そのご友人にその男性は合っていないということでしょう。
ご友人は仕事中であろうと即レスを返してくれるような男性が好みなのです。
ダメ男でないと愛せない、そういう女性は沢山存在するものですですし、そんな女性がダメ男製造機になっているのです。

6.

確かに、ずっと昔に分かれた恋人の言葉がある日突然胸に刺さってくること、ありますものね。
その時には伝わらなくても、人にかけた愛情って必ず伝わるものなのでしょう。
だから忘れられない相手として心に残ったりするのですね。

7.

ところがどっこい次回少し安めのお店でも奢られようとする、鈍感な女性は存在するものです。
また、そんな女性に出会ってしまった男性は次回の恋愛において割り勘にシビアな姿勢をみせたりします。
デートの割り勘問題は永遠に答えの出ないテーマでしょう。

8.

家庭生活を営む上で、配偶者にイラつく場面はよく遭遇するものです。
安定した気分で過ごせる相手、それは恋愛の本質からは少し離れているので見落としがちですが、何者にもかえ難い存在です。
お姉さまは良い伴侶に巡り合うことができ、幸せそうで何よりです。

9.

人に言える趣味でなく無趣味で通されている方を何人も知っていますので、『許せる趣味』という部分がやたら心に刺さります。
アブノーマルな趣味をお持ちの方に限って、同じ趣味を持つ相手に同族嫌悪を感じる方が多いものです。
重要なのは『許せる趣味』です。

10.

そういう場合、まめまめしく動けば動くほど相手との距離は遠のくばかりですよね。
興味のない人に興味を持つことって、実はとても難しいことなのです。
『それ、ムリゲー』って教えてあげたい衝動にかられたことが何度もありました。

 

コメント5

  1. 名無しさん

    女は泣けば済むんじゃなくて泣かないと済まさない男がいるんですよ。

  2. はま

    ツイッターまとめ大好き。。このサイトコメント欄が荒れないところも好き。。客層がいいのかな

    1. 名無し

      客層がいいというより、あまり知られてないから訪れる人が少ないだけかと…

    2. 名無しさん

      そうそう。コメントできるなんて最近まで知らなかったよ笑

    3. 名無しさん

      私も知らなかった。新たなシステム?

はま にコメントする キャンセル

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET