笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「諸葛孔明ー臥竜の志ー」【クレイジーで無料読破!】

「諸葛孔明ー臥竜の志ー」【クレイジーで無料読破!】

諸葛孔明ー臥竜の志ーのあらすじ

西暦181年、後漢王朝衰退期に一人の男が生まれた。その男は郡副知事諸葛珪の次男として生まれ、戦乱の世を照らす人間になれとの願いを込めて孔明と名付けられた。

そんな中、各地で反乱がおき国はさらに混乱していった。後に、臥竜と称される孔明は母の死、政変、兄の帰郷など様々な出来事で自分の進む道を見据えていく。

黄布の乱によって社会情勢が激変していくなか、孔明はその非凡な才能を磨きながら、変わりゆく時代を生き抜いてゆく。

三国時代に名を轟かせる原点を孔明の幼少期から描く空前の歴史ロマン。彼がいかにして後世にまで伝わる伝説的軍師になったのか。原作竹川弘太郎、作画久松文雄によって描かれる濃密な人間ドラマ。

諸葛孔明の伝説の幕開けを描く第一巻。

諸葛孔明ー臥竜の志ーのおすすめポイント

日本でも有名な諸葛孔明。彼の伝説的な活躍は知っていても、幼少期から描いた作品は多くありません。

どういう時代背景で彼が育ち、どんなものの影響を受けたのか。そんな視点から楽しめる作品でもありますし、後漢王朝から三国時代に移り変わる社会情勢の変化や人々の様子など諸葛孔明の物語としても歴史を深く考察する読み物としても楽しめる作品だと思います。

従来の作品は、諸葛孔明は伝説的で神がかった人物として描いてきましたが今作品は孔明の家族や兄弟愛、幼少期に抱いた志など人間らしく愛らしい孔明が描かれていて孔明に対する考え方や人物像などを捉え直すきっかけになったと思います。

現代でも、様々な場面で参考にされる孔明の生き方や考え方をさらに深めることになりました。

諸葛孔明ー臥竜の志ーを読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET