笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
本格派歴史ロマン!「信長」【クレイジーで無料読破!】

本格派歴史ロマン!「信長」【クレイジーで無料読破!】

信長のあらすじ

尾張のうつけものとして知られていた信長が桶狭間の戦いで今川義元を撃ち破り、その実力を見せてからは瞬く間に尾張全土だけでなく美濃、ひいては近畿を掌握していく。

その中で羽柴秀吉、明智光秀などの有力家臣と出会っていく。 足利義昭による強烈な信長包囲網の中で激戦に身を投じる信長だが、信頼していた浅井長政の裏切りや木津川河口の戦いでの敗北などを経験する。

多くの困難を打ち破る信長だが、何度も命を狙われる。代々仕えた小姓が伊賀の草であったり、出雲阿国の興行を見ている最中本願寺の刺客に襲われることになる。

一方、徹底したリアリズムを追求していく信長に対し、明智光秀は次第に疑問を抱いていく。八上城で母親が殺されたことをきっかけに信長の作ろうとしている新しい社会に疑念を抱いた光秀は運命に翻弄されるように本能寺の変へと突き進んでいくことになる。

信長のおすすめポイント

武家社会と荘園社会が混在する戦国時代において、徹底した合理主義を追求した信長像を前面に出しているところが特徴です。

時代と新たな価値観の先駆者であらんとした信長を魅力的かつ神秘的に描き、戸惑いながらも彼に集う武将たちも織り交ぜながら、信長の登場で時代の何が変わっていったのかを描いています。

信長に敗れた武将たちの多くは、保守的な価値観に固執して自滅していった人々として描かれます。特に浅井長政は信長の考えを理解しつつも家のしがらみから逃れられなかった悲劇の武将として描かれていたり、武田勝頼は名門ゆえに認められなかった新しい価値観に押しつぶされる役柄だったりと従来の歴史ものとは少し趣が違います。

冷徹だけでないクールな信長を見たい方にはオススメの作品です。

信長を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET