笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「星の艦」魔人vs 古代日本!【クレイジーで無料読破!】

「星の艦」魔人vs 古代日本!【クレイジーで無料読破!】

星の艦のあらすじ

まだ日本が邪馬台国と呼ばれていた時代。

邪馬台国には剛津彦という若き将軍がいた。彼はあろうことか敵国の女将軍、百都比売と恋に落ちてしまう。怒り狂った卑弥呼は二人に呪いをかけた。それは醜い姿の魔人に変わり果てるという何とも無残なものだった。

日の入りと日の出、交互に魔人に変身する二人。口付けを交わすことさえ許されない運命。呪いを解く方法はある。邪馬台国には敵対する国が二十二も存在していた。その二十二の国には魔人が潜んでいる。そう彼ら二人と同じ魔人が。

魔人をすべて殺せ。それが呪いを解くただ一つの方法だった。剛津彦と百都比売は呪いを解き愛する者と結ばれるため、同胞である魔人を殺す旅に出る。こうして過酷な運命は幕を開けた。

星の艦のおすすめポイント

本作の魅力はなんといっても画力にあります。キャラや背景に至るまでしっかりと描かれており、絵全体に迫力があります。魔人の造詣も人型でありながら、恐ろしい怪物として描写されており、確かに醜い姿です。変貌前と比べると、本当に同一人物なのかと思うくらいルックスに差があります。女将軍は間違いなく、人間時のほうが美人です。

また愛し合っているのに触れられない辛さや苦しさが絵によく出ています。その心のありようが絵から伝わってくるというか、慟哭している様子には心惹かれるものがあります。

ただ全二巻で完結しているためか少々ストーリー展開が急なところがあります。話の流れを掴むのに多少時間はかかるかもしれませんが、そこさえ乗り越えれば物語にどっぷりとハマることでしょう。

星の艦を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET