笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「卑弥呼」女王の誕生秘話【クレイジーで無料読破!】

「卑弥呼」女王の誕生秘話【クレイジーで無料読破!】

卑弥呼のあらすじ

三世紀、出雲。族長の死によって、新たな族長になった娘・イナ。巫女であった彼女は戸惑い、苦悩しながら族長としての覚悟を決めていく。

そして彼女は日本史上最も有名な女帝になっていく。人々は彼女をこう呼ぶ。卑弥呼。

彼女はどう生き、どうやって後世に名を残すほどの功績を残したのか。伝説的な活躍はいかにして行われたのか。原作は「女帝」で女の生きざまを存分に描いた倉科遼、作画は南恵夢。女性の心理、生きざまを描くことに定評のある倉科遼が表現する卑弥呼を南恵夢が繊細にアクティブに描き出す。

日本の歴史を変え、世界と交流し、その名を現代にまで響かせる卑弥呼の生き生きとした強さ、圧倒的で壮大なストーリーを描く歴史ロマン。

卑弥呼のおすすめポイント

卑弥呼は伝説的な人物で、神がかった活躍をした女性です。

彼女がどういう人物かを考えることはあまりありませんでした。この作品は従来の卑弥呼像とは違って、繊細で明るく魅力的な女性として描かれています。

族長を任されて苦悩する姿は現代の女性にも通じるものがあると思います。そして原作は倉科遼。倉科さんの作品は女性がテーマになっているものが多いですが、卑弥呼の苦悩や葛藤を繊細に表現していて面白いです。作画の南さんは、女性を愛らしく描いていて感情移入しやすく魅力的でした。

いつの世の中も女性は苦労し、傷つきながら出世していくのだと考えさせられました。ぜひ、働く女性の方々に読んでほしい作品になっていると思います。

卑弥呼を読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET