笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
「まだらの毒ぐも」【クレイジーで無料読破!】

「まだらの毒ぐも」【クレイジーで無料読破!】

まだらの毒ぐものあらすじ

加代の父親は熱帯植物の研究をしている研究者だ。父親は南米から研究材料として植物を持ち帰った。だが運悪く、植物の中に毒蜘蛛が紛れ込んでいたのだ。父親は毒蜘蛛に刺されてしまった。すると顔にはまるで蜘蛛のような痣が浮かび上がった。 父親を刺した毒蜘蛛は温室に逃げ、卵を産み付けてしまった。

この日以来、父親は気が狂ったようにおかしくなり、卵を育て始めたのだ。加代と母親は卵を燃やそうとするが、父親が邪魔をする。ついには母親までが毒蜘蛛の魔の手にかかり……。

表題作の「まだらの毒ぐも」の他、「暗い穴の中で」という短編が収録されている。こちらは蛇がテーマとなっている。蛇が苦手な川井喜代子に蛇のおもちゃでイタズラを仕掛けた結果、身も心も蛇に変化してしまうというストーリーだ。

まだらの毒ぐものおすすめポイント

蜘蛛と蛇を恐怖の主題に据えた話が収録されています。元々蜘蛛と蛇は不気味なものです。それが著者の手でより不気味で恐ろしいものに変化を遂げています。

蜘蛛と蜘蛛人間は不気味な絵柄で描かれており、美少女が執拗に追い詰められる様が恐怖を誘います。徹底的に恐怖を与えられるヒロインが良い味を出していて、主人公がピンチに陥る姿が好きな方にはオススメの作品です。

またストーリー展開はもちろんのこと、なんと言っても演出の描写が秀逸です。見事に恐怖を煽る演出になっており、ゾクリとする何かを感じることができるでしょう。

ちなみに一気に迫りくる恐怖ではなく、じわじわと襲い掛かる恐怖になっています。 こうした積み重なる恐怖展開が本作の魅力です。

まだらの毒ぐもを読む

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET