笑うメディア クレイジー
より良い暇つぶしを届けるメディア
おじいちゃんおばあちゃんの本音、孫の親にお願いしたいこと5選

おじいちゃんおばあちゃんの本音、孫の親にお願いしたいこと5選

10月第3日曜日は「孫の日」。
おじいちゃん、おばあちゃんと孫がコミュニケーションを深める日として1999年に制定された記念日です。

そんな孫の日に合わせて、株式会社スタジオアリスが全国の0歳から2歳の孫を持つ男女500名を対象に「祖父母と孫の関係に関する調査」を実施しましたので、その内容をご紹介します。

おじいちゃんおばあちゃんが孫に会える頻度は月に1回が最多。でも泣かれてしまわないか不安

同居していないおじいちゃんおばあちゃんが、お孫さんと合える頻度を調査したところ以下のような結果になりました。

しかし、コロナ禍の今、それほどお孫さんと会えないおじいちゃんおばあちゃんも多いようで、月に1回は会いたいと思っているおじいちゃんおばあちゃんは240%でした。

とは言え、会うときに不安があるおじいちゃんおばあちゃんも多いようです。孫と会う時の不安第一位は「泣かれてしまうこと」でした。

泣かれてしまわないか心配だけれど、そこは可愛い孫。やはりもっと会いたいけれど、現在は新型コロナウイルスのせいで頻繁に会うのを躊躇してしまいます。

そんなときに、癒しを与えてくれるのが、可愛いお孫さんの写真です。コロナ流行前に比べて、流行後の方がお孫さんの写真が届く頻度が増えているそう。


流行前は「2~3か月に1回程度(14.7%)」「半年に1回程度(10.2%)」と頻度が少なかった人の割合が流行後には減少傾向に、「月に3回(4.9%)」「月に4回(9.2%)」と、高い頻度を回答した人の割合は増加傾向となっています。

お孫さんの写真に対する思いも「成長が嬉しい」「会いたくなる」「健康でいたい」「元気が出る」といった内容。おじいちゃんおばあちゃんにとって、お孫さんの写真はかけがえのないものなんです。

おじいちゃんおばあちゃんの本音、孫の親にお願いしたいこと5

今回の調査では、おじいちゃんおばあちゃんが、孫の親。つまり自分の子どもたち夫婦にお願いしたいこともアンケートしています。

その結果がこちら。

「電話で孫の声を聞かせて欲しい」(静岡県・71歳・男性)
「子育てを頑張っていて、いい子に育てているので、特にないが、いつでも頼ってほしい」(岡山県・54歳・男性)
「コロナ禍の今は会うことが難しいので、もっと頻繁に写真を見せてほしい」(岡山県・66歳・女性)
「こちらから会いに行くことが多いので、向こうからも会いに来てほしい」(千葉県・63歳・女性)
「仕事、家事で忙しいだろうけど、孫と接する時間を多く作ってほしい」(香川県・72歳・女性)

ほとんどが「孫に会いたい」という回答。

それだけ、おじいちゃんおばあちゃんにとって、孫という存在は特別なものなのでしょう。しかし、同居していないとお孫さんに会える機会は限られてしまいます。おじいちゃんおばあちゃんがお孫さんに会えるタイミングとしてもっとも多かったのは、節句や誕生日といったお祝い事でした。

せっかくのお祝いの日。おじいちゃんおばあちゃんとお孫さんが一緒になったときには、ぜひ一緒の写真を撮ってみませんか。

スタジオアリスでは「ファミリーアニバーサリー(家族写真)」の撮影を行っています。

スタジオはもちろん。スタジオまで足を運べない人や野外撮影を希望の方に関して、東京都23区内では「エリア限定お宮参り出張撮影」「七五三出張撮影」といったサービスも用意されています。

「エリア限定お宮参り出張撮影」公式サイトURL
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/location/

「七五三出張撮影」公式サイトURL
https://www.studio-alice.co.jp/info/area/detail.php?id=316

こちらは、バースデーフォト・ハーフバースデーフォト。

おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにおすすめのアルバムやオリジナルグッズなどもあるので、ぜひお近くのスタジオアリスで一生モノの宝ものを作ってあげてください。

提供:株式会社スタジオアリス

コメント

(名前を入力しないとこの名前で投稿されます。)

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET