「すみません」はNG!反省の気持ちが伝わる謝罪 5つのコツ

「すみません」はNG!反省の気持ちが伝わる謝罪 5つのコツ

imasia_12610793_M

佐村河内守、小保方晴子、野々村竜太郎・・・。
昨年は、様々な謝罪会見が話題になりました。
「みんな謝り方がなってないな!」と思っても、明日は我が身。
あなたは正しい謝り方を知っていますか?

1.出来る限り早く、対面で謝罪する


ミスをしたことに気づいたら、出来る限り早く謝罪をした方が得です。
謝罪の時間が遅れると、それだけ相手の怒りも倍増します。
相手に指摘されてから謝罪するより、自ら謝罪した方が会話の主導権を取りやすいのです。
メールや電話でなく、対面で謝罪するようにしましょう。

2.言葉の裏を読み解く


例えば、納期が遅れ取引相手が怒ってるとき、それはそのこと自体を怒っているだけとは限りません。
重要な取引先だと思われていないこと、軽く扱われていることも怒っている可能性が高いです。
「申し訳ございませんでした。次回からは3日以内に納品致します」
このように相手の考えを汲み取り、具体的な提案を含めた謝罪をしましょう。

3.「すみません」はNG!言葉選びは慎重に


「すみません」は同じ立場の人に言う言葉です。
さらに、この言葉を何度も繰り返すと、相手に何も聞いてないと思われます。
「大変申し訳ございませんでした」「ご無礼いたしました」などを使うようにしましょう。

4.言い訳をしない


謝罪の目的は、相手の怒りのボルテージを納めることが目的です。
仮にあなたに言い分があったとしても、それを切り出すのはタブー。
相手に、「自分が悪いと思っていない」「真剣に謝る気がない」と思われ、さらに怒りをかってしまうことも。

5.謝罪の最後は「ありがとございました」


謝罪は相手の時間をいただき、さらに許してもらっています。
許してもらった際には、「ありがとうございました」と言いましょう。

謝り方を間違えると、金銭の取引だけでなく、せっかくの信頼関係が一瞬にして崩れてしまうことも。
反省の気持ちが伝わる正しい謝罪のポイントをきちんと覚えておきましょうね。