image6

内向的な人は素晴らしい!といえる10の理由

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

image7Flickr

恥ずかしがり屋で目立つのが嫌。一般的に内向的な人にあてはまる特徴かもしれません。しかし今回は、そんな「内向的な人はすばらしい」といえる理由をご紹介します。

1.よく考える

内向的な人は、よく頭で考えています。そんな人が発言する内容はよく考えられていて、まとまりがあり、表現や言葉遣いまでにも配慮が行き届いていること間違いないでしょう。

2.一途である

内向的な人が誰かを受け入れた時は、それはその人が特別な人である証拠でしょう。内向的な人が自分自身の壁の中に誰かを受け入れたならば、他の人との間には見られない信頼関係や愛情などが表現されるはずです。

3.よく話を聞く

内向的な人の素晴らしいスキルに、「他人の話を心から聞くことができる」ことがあげられます。アドバイスや支援を受けたいのであれば、内向的なひとに話を聞いてもらうと良いでしょう。きっと素晴らしい意見を得られるでしょう。

4.ミステリアスである

内向的な人は決して自分自身のことを積極的には話さないでしょう。さらには感情や気分までもうまくコントロールし、目立つことはないかもしれません。一方で、そのような特徴があるために「本当の姿」が分からず、ミステリアスであり、それが逆に魅力的でもあるのです。

5.つかみにくいからこそ魅力的である

内向的な人は決して自ら目立とうとはしません。自ら誰かに話しかけたり、自己開示を行うことも多くありません。つまり、他人にとって内向的な人は、なかなかつかみにくい人でもあります。だからこそ、そんな内向的な人と仲良くなれることは大きな喜びであり、それがゆえに内向的な人が魅力的であるのです。

6.自己管理できる

内向的な人は、自分一人で過ごす時間も多いため、その時間を利用してしっかりと自己管理しています。身だしなみや服装なども、しっかりと整っていることでしょう。周りに溶け込み、目立たないようにする内向的な人ですが、髪型や服装は周囲よりもある意味目立っているかもしれません。

7.他人のお世話ができる

内向的な人はしばしば、紳士的でやさしいです。よく周りが見えているので、だれか困っている人がいれば、純粋によくしてあげたいという気持ちで優しく接してくれることでしょう。

8.自分自身をよくわかっている

内向的な人は目立とうとはしません。つまり周りの評価を気にしません。周りの視線や評価を気にしないので、自分自身のことや、自分がやりたいことや考えていることが明確に理解できているはずです。

9.一緒にいて過ごしやすい

内向的なひとは常にリラックスしていて、地に足が付いています。そんな内向的な人と一緒にいれば、過ごしやすく、やりたいことにも一緒になって楽しんでくれるでしょう。

10.紳士的である

内向的なひとが一緒に過ごしたいと思うひとを見つけた場合は、そのひとに対してとても紳士的であるでしょう。決して軽くあしらったりせず、深くて濃い人間関係が形成されるはずです。だれにでも話しかけたりはしないのですから。

image6Flickr

 
自分のことを内向的だと思っている方は内向的であることをネガティブに捉えすぎている傾向があります。
しかし、この記事で紹介したように内向的な人にはたくさんの素晴らしいところがあります。

この記事に書かれていたことを読み、もう少しだけ自分に自信をもってみて下さいね。
 

出典:Lifehack