Sad teenage boy

落ち込んだり挫折した時に思い出したい7つのこと

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

長い人生の中では、誰でも失望や挫折を経験するもの。そんな耐え難い状況にある時に、ぜひ思い出したい7つのことを今回はご紹介致します。

 

1.世界の中心にいるわけではない(すべてを思い通りにしようとするのをやめる)

自分自身のことばかりを気に掛けるのではなく、周囲の人々に対して、自分には何ができるかを考えるようにしましょう。周囲の人々を気に掛けるようになれば、自分自身が充足しているかどうかは重要な問題ではなくなります。

1d3f1ea9551047d0e21209d940fa07d5_m

 

2.「あるもの」に目を向ける

過去の時間や場所ではなく、今この時、この場所について思いを巡らしましょう。そうすれば、思考の焦点を今現在へと戻すことができます。

ないものねだりではなく、「あるもの」に満足することで幸せをつかむことができます。

そして、休息は人生を上手く進めるために必要です。少し歩みを止めて、目の前に「あるもの」について考えましょう。

45751ce5efa32999436ccbb6616daa5b_m

 

3.理想にこだわり過ぎない

頭に描いた自己の理想像は、時として私たちを守りに走らせます。「良い仕事ができたか」と自問すると、そうではなかった場合に怒りを覚えたり傷ついたりします。

ですから、ひとつのことにこだわることはやめましょう。いつも生産的でいることなんてできないし、毎日やる気に満ち溢れていることもできません。常に良いアイデアを生み出すことなんて不可能です。だから、いつも良い仕事ができるわけではない、自分はミスをすることもあると考えるようにしましょう。

a3d0fa4bf04a97e1c6646e00253ea28c_m

 

4.今日という日は、お金では買うことのできないもの(ベストを尽くそう)

人生という時間は、限られています。だから、限られた時間を大切に生きましょう。けれど日々を大切に生きるとは、超人的な生産性を発揮しろということではなく、やりがいのあることをしようという意味です。

心身を回復させるために休息をとることは、意味のある行動です。そうすることで、あらたなグループを見つけることもできますし、他のやりがいを感じられることを見つけられるのですから。だけど、ただ殻に閉じこもっているだけでは、何にもなりません。

30b81b11ea6948f021098df8afc2b532_m

 

5.不満を言っても問題を悪化させるだけ

私たちに与えられた時間やエネルギーは、限られたものです。泣き言ばかり口にすることが、目指す目標へと辿り着くための手助けとなるようには思えませんし、幸せにつながることだとも思えません。

不満を述べることに費やしているエネルギーの10%を、目の前の問題を解決することへと費やせば、いかにうまく、そしてはやくその問題を克服できるかということに驚くはずです。

私たちは、自分自身が想像している以上に、力や、権力や、影響力を持つ存在へと訴えかける手段を持っているものです。不満を口にすることをやめて、自分を力のない存在だと感じることをやめれば、自分自身が想像以上にパワフルな存在だと気づくことができるはずです。

095bbd0ce6b69eb4b61a684c458892cc_m

 

6.失望や挫折は、変化のタイミングを知らせるサインである

心情、視点、習慣は変えることができます。

あなたの人生は、起こった物事に対して、あなたがどのように反応するかで決まります。あなたの外にある物事を変えられない一方で、物事に対する見方を変えることはできます。

79f2c9e16b1f49c9b276d5f2d8b6a0f1_m

 

7.小さな一歩でも、前進は前進(小さな一歩を今、踏み出そう)

大切な人を病で失い、大きな収入源であった仕事を失った時期、私はとても辛い時間をすごしました。自分自身を奮い立たせて、前へと進もうとすることはとても難しいことでした。

しかし、コンピュータを立ち上げ、ドキュメントを開き、1文でもいいから書く。こうした小さな行動の積み重ねが、次なるステップを示してくれます。そうすれば、結果としてあなたが今読んでいる記事を投稿することもできるのです。

87c288ca994a0cc897092a9feb0a1d10_m

 

困難な壁に出くわしたときは、今回ご紹介した7つの考え方を思い出して、一歩ずつ前へと進む原動力としてください!

 

 

出典:marcandangel.com