happy girl with colorful balloons

【新年度のスタートに】幸せな1年を送るために必要な7つのこと

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

4月から入学や就職で、新生活が始まったという方も多いと思います。また新年度をスタートに、今年は充実した1年を過ごしたいと考えている方も少なくないはず。そんな皆さんへ向けて、今回は幸せな1年を送るために必要な、7の考え方や習慣をご紹介します。

 

1.仕事に意義を見出そう

仕事は考え方しだいで、仕事以上のものとなります。あらゆる仕事は、サービスを提供したり、あなたの才能を表現したり、他者の助けとなるチャンスです。家政婦であれ、警察官であれ、教師であれ、宇宙飛行士であれ、企業家であれ、自身の仕事に意義を見出せるかどうかは本人しだいです。価値ある目標を目指していると日々感じられるように、仕事に意義を見出しましょう。

そして、可能な限り、自分のしていることを愛し、自分のいる場所を愛しましょう。大切だと感じられるうちは、今いる人とともにいましょう。

これが幸せを見出す方法です。

8f248480d652b20b1d92f244744b95fb_m

 

2.不安が増す状況を受け入れよう

過酷な環境で耐えていれば、より早く学ぶことができます。お決まりの場所で平凡な1時間を過ごすよりも、辛い環境でハイクオリティな10分間を過ごした方が良いのです。何度も背伸びして、失敗して、つまずいて、失敗から多くを学んで、さらに背伸びをしてこそ、あなたは自分が伸ばしたいと思っている能力を伸ばすことができます。

8399bd3a7620ea68ea44ffa8e19add63_m

 

3.失敗と成功から自分自身を切り離す

成功者は、人生における幸福と成功をひとつのシンプルな原理で捉えます。彼らは、失敗と成功を異なった形で捉えます。つまり、失敗をすべて深刻に受け止めるわけではなく、成功によってうぬぼれるようなことをしないということです。ベストを尽くし、謙虚であり、生涯学び続けましょう。決して成功にうぬぼれてはいけません。また、失敗に落ち込んではいけません。

27db71fc6a33611f985db913646d5a84_m

 

4.生産的であれ、ただし急くな

スケジュールを、「ヘビーな時間」と「ライトな時間」に分けましょう。ヘビーな時間では全力をつくして事に当たり、ライトな時間ではスローダウンしましょう。そうすれば、過度に忙しい思いをせずにすみます。そして休息をとる時間を持ち、身体を休めてエネルギーを補充しましょう。

また、いつでもあらゆる人の要望に応えられるわけではないと肝に銘じましょう。適切なペースというのは、本人にしかわかりません。「いいえ」と言うことをいとわず、真に正しきことに対して「はい」と言えるようになりましょう。

9e78a28996f81959d3bb63126d735f02_m

 

 5.可能なら与えよう

私欲の無い奉仕は、しばしば受け取った者よりも与えたものに多くのものをもたらします。

親切な行いをすると脳内でセロトニンが分泌されます。セロトニンは健康に良い影響を与える物質で、楽しいと感じられる成分を含みます。そしてその親切な行動を見ていた人の脳内でも、セロトニンが分泌されるのです。いつでもあらゆる人にというわけではなくとも、出来る限り人に何かを与えられる人でいましょう。

a2c36d9173e5efb72350ba0def9f99ae_m

 

 6.親密な関係性を生もう

スマートフォンを置き、パソコンを閉じて、旧来の方法にのっとって互いに顔を合わせて時間を共有しましょう。仲良し同士で交わされる楽しい会話、偽りのない笑顔といったものほど、人生において価値のあるものはありません。

972bf3ac860554a0639ab2e574c9a327_m

 

7.自分に対して正直に

ためらいや弁明に無駄な時間を費やしてはいけません。誰かがあなたの考え方を理解できないからといって、説明が不適切だったということにはならないのです。

幸せというのは、自分と他者を比較するのをやめてから現れます。他人や他人の意見のために生きようとすることはやめましょう。あなたの人生に責任を持てるのは、あなただけです。当たり前の慣習というのは、はじめから当たり前であったのではなく、良識ある人々が集まり行動したことで形作られてきました。ですから、誰とともに時を過ごすかということを、よく考えましょう。

db650bc9b53f3e9fba074ed517b81dbb_m

 

ぜひ、今回取り上げた7つのことを日常生活に取り入れて、充実した1年を過ごしてください!