Wow-This-was-taken-at-Japans-Mount-Sakurajima-volcano-by-Martin-Rietze-934x

時に美しく、時に恐ろしい!世界のトンデモ自然現象21選

CuRAZYをフォローする
クレイジーの最新記事をお届けします
友だち追加数

1地球上には見たこともなければ、存在することも知らなかった自然現象がたくさんあります。
そんな信じられない!でも美しい!(だけでなくて時には恐ろしい!)というレアな自然現象をまとめました!

1.海中のつらら(ブライニクル)
2
参照:news.distractify.com/
ブライニクルは、凍った海の下で起こる現象で、海水に、マイナス以下の塩水が混じり合った際に発生します。

2.レンズ雲
3
参照:news.distractify.com/
レンズのような形をしているからレンズ雲とよばれます(そのまんま)。雲形が独特なので、よくUFOに間違えられることがあります。山などを湿った空気が通る際に断層化されることで出来ます。

3.真っ白な虹(霧虹)
4
参照:news.distractify.com/
虹と言えば雨あがりに発生するイメージがありますが、これは霧によって発生します。光を反射する水滴がとても小さいので通常の虹とは違ってほとんど色を出すことが出来ず、結果的に白く見えるというわけです。

4.スーパーセル5
参照:news.distractify.com/
スーパーセルとは、最も珍しく、その分もっとも危険な嵐のこと。通常の嵐のように発生するものの、上昇気流が回転して通常の嵐よりもずっと長く同じ場所に留まります。

5.ブロッケン現象(グローリー)6
参照:news.distractify.com/
虹と同じような光学現象。太陽光が雲に影を写す際に小さな水滴を通している時に反射をして、それが後光のような形になります。ドイツのブロッケン山でよく見られたことからブロッケン現象と呼ばれることも。

6.カプチーノコースト7
参照:news.distractify.com/
まるでカプチーノになってしまったかのように泡立つ波。これは高濃度の藻やゴミが海水に混ざると起こります。これらの不純物が海水に混ざるとシャンプーのように表面張力が弱まってしまい、泡が発生してしまう、というわけです。

7.赤色や青色の雷8
スプライト、エルブス、ブルージェットと呼ばれる高高度放電現象。要するに、赤かったり青かったりする凄い雷のことです。

8.火の竜巻9
参照:news.distractify.com/
火災旋風とも呼ばれる火の竜巻。火災の際に発生するといわれますが、詳しい発生メカニズムはわかっていないと言われています。

9.モーニンググローリー10
朝方に観測されることからモーニンググローリー(朝顔)と言われる雲の帯。とても珍しく、発生原因は未だにはっきりとわかっていません。最も頻繁に観測されているのは、オーストラリア北部の町バークタウンで秋頃に一番多いのだとか。

10.ペニテンテ(氷の剣山)11
参照:news.distractify.com/
標高の高い場所で発生する細い剣のように尖った雪や氷のこと。一定以上の高地になると、日光が氷を溶かすことなく直接蒸発させることから起きる現象です。
その姿が集団で跪いて懺悔をしているように見えることから「ペニテンテ(スペイン語で懺悔の意味)」と名付けられたそうです。

11.ファイヤーレインボー12
参照:news.distractify.com/
名前の通り燃える虹のようなファイヤーレインボー。高地の雲の中で、太陽光が氷の結晶を反射した時に発生するとても珍しい現象です。通常地平線と平行に現れます。

12.アスペラトゥス雲
13
参照:news.distractify.com/
2009年に新しい雲の形として学会で認定されたばかり、ということが示すようにその神秘的(それでもってちょっと不吉)な形状以外についてはほとんど何もわかっていません。

13.フロストフラワー14
参照:news.distractify.com/
日本だと、水蒸気が氷に張り付いて花のような形になったものをフロストフラワーと呼びますが、狭い意味においては、茎の中にある樹液が寒さで膨張して破裂し、それが凍り付いて花のような形になったもののことを意味します。

14.ムーンボウ15
参照:news.distractify.com/
太陽の光に空気中の水滴が反射して出来たものがレインボーですが、それに対して月の光によって出来たものがムーンボウです。月の光は太陽の光に比べて弱いので、はっきりとしたムーンボウは滅多に見ることが出来ません。幻の虹とも呼ばれるほどで、見ることが出来たら相当ラッキーです。

15.乳房雲16
参照:news.distractify.com/
こぶ状の雲が垂れ下がっている様が乳房に似ている(と少なくとも専門家が思った)ことから、乳房雲と呼ばれるようになりました。雲の中の水分量が異なるため、重い雲が軽い雲に比べて垂れ下がることから発生します。

16.ヴィーナスのベルト(ピンク色の空)17
参照:news.distractify.com/
日が上がる前、もしくは日没後に見られるピンク色の空。これは地球の半透明の大気に太陽から届く光が反射したことによって起こる現象なのだそうです。自然現象として理解するのは難しいもののとにかく美しい!

17.幻日18
参照:news.distractify.com/
雲の中にある氷晶に太陽光が屈折して、別の位置から見える光が実際の太陽のように光り輝いてみえる現象です。太陽が二つ以上ある(ように見える)のは何もスターウォーズの世界だけではないのです。

18.雪まくり(ドーナツ型の雪)19
参照:news.distractify.com/
地面に出来た雪が風でまくりあげられ、自然に丸い形状になってしまう現象。中心部分は雪が薄いので、弱くて風によって吹き飛ばされることも多く、自然とドーナツ型の雪が出来てしまうこともあるのです。

19.カタトゥンボの雷20
参照:news.distractify.com/
南米ベネズエラのカタトゥンボ河の河口で発生する同時多発的稲妻。とにかく年がら年中、雷が落ちていて、ギネスにも世界で一番多く稲妻の落ちる場所と認定されました。その数、1時間で280回、一日だと10時間も稲妻が観測されるそうです。恐ろしい!!

20.水上竜巻21
参照:news.distractify.com/
水上に発生する竜巻です。水上から水を巻き上げているように見えますが、竜巻は全て大気中の水分を凝結して出来ています。

21.火山雷22
参照:news.distractify.com/
火山の噴煙によって摩擦電気が発生することがあります。それにより稀ですが、雷が発生することがあるのです。場所が場所だけに、あまり詳しいことは調べられず、わかっていないようです。

執筆:一色崇典
参照:news.distractify.com/