CuRAZY [クレイジー]
より良い暇つぶしを届けるメディア
【劇的ビフォーアフター】廃墟を美しい花で彩ったら見違えるほど幻想的になった

【劇的ビフォーアフター】廃墟を美しい花で彩ったら見違えるほど幻想的になった

「全米で最も惨めな都市」に選ばれてしまったアメリカのデトロイト。
1980年代の自動車工業の不振により、街はどんどん廃墟化されていきました。

そんな惨めな都市デトロイトで、一人の女性が行った活動に注目が集まっています。
花屋を営んでいるリサ・ワウドさんは、タダ同然で廃墟となった家を買い取りました。

この廃墟を、花でいっぱいにして変身させようと言うんです。
手を加えていないと、こんな状態です。

まずはゴミを処分し、壁を緑で埋め尽くしていきます。

この家の存在感は生かしつつ、色鮮やかな花で彩られていきます。

小さなところにも、センスが光ります。

花は全部で4000本用意されたそうですが、最終的には10万本使ってこの家を変えたいそう。

少し手を加えればこの通り、廃墟がおとぎ話の家のようになりました。

リサさんは、たった500ドル(日本円にして約6万円)でこの辺り一帯を買い取りました。

壊れた汚い家でも、花を添えるだけでこんなに美しく。

時間は必要でも、ちょっとしたアイデアで何かを変えることは出来ます。
こういった活動が、デトロイトに再び光を取り戻させるかもしれませんね。

Facebook:the detroitflowerhouse
instagram:flowerhousedetroit

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

中学ぶりに握力計ってみたら、変わらず39ありました。

コメントする

暇つぶしアプリの決定版!今すぐアプリをGET