【ペットを飼うときはペットショップへは行かない】動物の殺処分が無いドイツにある「ティアハイム」とは?

【ペットを飼うときはペットショップへは行かない】動物の殺処分が無いドイツにある「ティアハイム」とは?

ドイツには「犬猫の殺処分が存在しない」と、ご存知でしたか?

6338142770_f2db4df580_b (1)
flickr.com/Dineshraj Goomany/Caged dog

現在、日本では年間約14万匹もの犬猫が殺処分されています。
これは1日に約350匹も処分されている計算になります。

View post on imgur.com

ドイツは欧米諸国の中でも、動物福祉にかなり力を入れている国。
そんなドイツには「ティアハイム」という、行く場所を失った動物を保護する施設があります。
ティアハイムはドイツ語で動物の家という意味。

München_-_Tierheim_(7)
wikimedia.org/User:Mattes

ドイツには殺処分は存在しません。
ティアハイムに保護された動物達は、無期限でそこにいられます。
ティアハイムにいる動物は、犬猫をはじめ、うさぎや馬、カメなど様々。

München_-_Tierheim_(35)
wikimedia.org/User:Mattes

ドイツで動物を飼いたい方は、ペットショップには行きません。なぜならドイツの殆どのペットショップでは、動物を陳列販売することが禁止されているからです。

動物を飼いたいひとは、ブリーダーに直接頼むか、ティアハイムに譲渡してもらうかを選びます。これで衝動的に動物を飼ってしまう人が減り、可哀想な動物も生まれにくいという訳ですね。

View post on imgur.com

ドイツには、犬が暮らしやすい条件がたくさんあります。

・殆どの場所でリードがいらない(大型犬は義務付けられている)
・公共の乗り物に乗られる(大型犬は子供料金を払う)
・殆どの施設に一緒に入れる(食品を扱うお店は禁止されている所もある)
・殆どのレストランに同行可能

犬の自由が尊重されている代わりに、飼い主には犬税を支払う義務があります。
月に約1000円程度(1匹につき)ですが、これは無責任な飼い主を減らすために役立っています。

1

今これを読んでいるこの日にも、日本では何百匹もの動物が処分されます。
日本もドイツを見習う必要がありそうです。
まず今の私達に出来ることは、責任持って動物を飼うことですね!

 

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!