通常の10倍のスピードで老化する難病を患った高校生が語る「幸せのための3つの哲学」

通常の10倍のスピードで老化する難病を患った高校生が語る「幸せのための3つの哲学」

世界に350人しかいないと言われている病、プロジェリア症候群を患っているサム・バーンズさん。
このプロジェリア症候群は、通常の10倍の早さで老化が進む難病です。
そんな彼が残した「幸せのための3つの哲学」をご紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=36m1o-tM05g

 

1.できない事があっても大丈夫

サムさんの体重は23kgしかなかった為、重量の問題からマーチングバンドで希望のパートに就けませんでした。
しかしサムさんはできない事を認め、他に方法がないかと前向きに考えることにしました。
その結果、軽量化したオリジナルのドラムで参加することが出来ました。
「できないことは認め、自分ができることに情熱を燃やそうと考えている」と、サムさんは語ります。
band
youtube.com

 

2.自分が一緒にいたい人といる

家族や友人たち、サムさんの周りには心で通じ合った人達で溢れています。
外見は関係なく、心から一緒にいることを楽しんでくれる人たちです。
「どんなに他に楽しいことがあっても、大切な人達といる時間が一番幸せを感じる」と、サムさんは笑顔で話します。
friends
youtube.com

 

3.前に進み続けること

彼が好きな、ウォルト・ディズニーの言葉があります。
「過去にこだわらず前進し続け、新しい扉を開き挑戦していこう」
サムさんは、常に何か目標を持つようにしています。
「漫画の続きが読みたい」「家族との旅行が楽しみ」のような些細なことでも構いません。
そうすることで無駄なことを考えなくて済み、さらなる困難を乗り越える力になるんです。
sam
youtube.com

このTED(世界的講演会)でスピーチを話した3ヶ月後、サムさんは17歳という若さでこの世を去りました。
あるインタビューで「あなたについて知っておくべきことは?」と聞かれ、彼はこう答えたそうです。
「僕はとっても幸せな生活を送っている」
happy
youtube.com

難病のサムさんが胸を張って幸せだと言い切れたのは、この3つの哲学が軸にあったからです。
自分の状況を受け止め、新しいことに情熱を燃やし続けたサムさん。
私たちも「幸せな生活だ」と胸を張って言える様に、前を向きたいですね。

出典:My philosophy for a happy life | Sam Berns | TEDxMidAtlantic - YouTube

クレイジーピンク

Editor

ぴんく

ついに仮面を脱ぐ時が・・・!
想像と違っててごめんなさい!