Googleが睡眠センサー搭載のスマートディスプレイ「Google Nest Hub」を5月5日発売へ

presented by ガジェット通信

GoogleはGoogleアシスタント搭載のスマートディスプレイ「Google Nest Hub」の新モデルで、睡眠センサーを搭載する「「Google Nest Hub」(第2世代)」を5月5日に国内で販売開始します。希望小売価格は1万1000円(税込)。

「OK Google」「ねえ、Google」と話しかけて天気やニュースを聞いたり、前モデルと比べて低音を50%強化したサウンドで「YouTube Music」や「Spotify」の音楽、ポッドキャスト、オーディオブックが楽しめます。7インチディスプレイには「YouTube」の他、「Netflix」「Hulu」「ABEMA」「U-NEXT」「YouTube Premium」といったサブスクリプションサービスの映像も再生可能。ディスプレイの前で手を動かすだけでコンテンツを一時停止したり再生できるクイックジェスチャー機能に対応します。接続しているすべてのスマートホームデバイスを1か所に表示し、タップするだけで設定できるスマートホーム機能にも対応。

睡眠センサーは、スマートフォン「Pixel 4」シリーズで採用されたモーションセンシングレーダー“Soli”にを使った「Motion Sense」機能を活用。ウェアラブルデバイスを装着した状態でなくても、ディスプレイの最も近くにいる人の動きや呼吸に基づいて睡眠の長さ、睡眠スケジュールなど睡眠の質を解析します。本体の内蔵マイク、光センサー、温度センサーも利用。咳やいびきなどの睡眠障害、周囲の明るさ、温度の変化を検出して、何が睡眠に影響を与えるかを分析します。

睡眠センサーは初期設定では無効になっていて、利用したい場合に設定により利用開始します。さらに、本体にカメラは搭載しないことから、プライバシー侵害の心配なく寝室に置いて利用が可能。

毎朝、睡眠の状況を確認できる睡眠レポートを表示。解析を数日行うと、ユーザーの睡眠状態について注目すべき点、それらが重要な理由、睡眠の改善に役立つ提案をまとめたレポートを表示可能になります。睡眠センサーは、来年までプレビュー版として無料で利用可能。将来的には、Fitbitの睡眠トラッカー機能との連携も検討しているとのこと。

本体カラーはChalkとCharcoalの2色。5月5日からGoogleストアをはじめ、イオン、エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、PCデポ、ビックカメラ、ベイシア、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、楽天ブックス、コストコで販売を開始します。

参考記事:
スマホが「より人間らしくふるまう」機能 GoogleがPixel 4向けにSoliレーダーを使ったモーション操作“Motion Sense”と新Googleアシスタントを提供開始

https://getnews.jp/archives/2390919[リンク]

オリジナルサイトで読む