三国志 諸葛孔明(第5巻)

三国志 諸葛孔明(第5巻)
著者
久松文雄 / 竹川弘太郎
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

赤壁の戦いにおいて、周瑜たちの働きもあり無事曹操の撃退に成功することができた孔明たちのもとに、龐統という男が訪ねてきた。彼は孔明とともに、司馬徽門下の双璧とまで称された知恵者で、劉備は早速採用を決める。 また、龐統は、今後の劉備軍をさらに力のあるものにするための案も構築していた。それは、南方の益州を攻めるというものだった。益州を治める劉璋は、劉備と同じ漢王朝の血を引く、言わば遠縁にあたる人物だったのだが……。

第5巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
三国志 諸葛孔明(第5巻)

Now Loading!