春日局(第3巻)

春日局(第3巻)
著者
久松文雄 / 堀和久
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

城内の「世論」の旗色が悪くなる中、どうにか竹千代を次代の将軍に指名してもらおうと、大御所である家康に直訴することにしたお福。 しかし家康はお家騒動が長引くこと、そして乳母までが直訴してくることに怒っていた。また、自害をはかったという竹千代の柔弱さにも失望した様子だった。このままでは直訴の効果どころか、世継ぎが竹千代の弟、国千代に決まってしまいかねない様子だった。 だがお福は、再び戦乱の世を招かないためにも長幼の序を守ることは大切だと一生懸命に説き……。

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
春日局(第3巻)

Now Loading!