太平記(第1巻)

太平記(第1巻)
著者
横山まさみち
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

源平の合戦の末にようやく実現した武士の世も、今や大いに乱れていた。腐敗した幕府を倒そうと、心ある武将たちが集結し、決起の時をうかがっていた。 しかし幕府の摘発追及の手は厳しく、倒幕を掲げる後醍醐天皇方は、わずかな手勢で絶望的な戦いを強いられようとしていた。 だが、後醍醐天皇が夢で見た「楠」の木にあやかる形で召し抱えるに至った地方の小領主、楠木正成は、圧倒的不利な状況にもまったくひるむ様子を見せず、際立った知略と勇気によって勝利への道を開いていくのだった……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
太平記(第1巻)

Now Loading!