流れ星ビリー(第1巻)

流れ星ビリー(第1巻)
著者
久松文雄
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

銃と無法者が支配する危険な街、アビリーン。保安官ですら返り討ちにあうような状況の中、新たに赴任してきたビリーは、まだ歳も若く、しかも腕っ節も弱い臆病な雰囲気の男だった。 しかしそれは仮の姿に過ぎず、実は物凄いほどの早撃ちができる腕前を持っていたビリーは、大人しくしている中で、銀行員と悪者が手を組んで大金を持ち出したという事件を耳にする。現場に駆けつけたビリーは、一対三の不利な状態にも関わらず、あっという間に敵を仕留めていくが……。

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
流れ星ビリー(第1巻)

Now Loading!