朔風の挽歌(第5巻)

朔風の挽歌(第5巻)
著者
本庄敬
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

三中で弱り切った状態で、何とか生き抜こうと決めた大樹は、奇妙なクロスの足跡を見つける。倒したヒグマの死骸だけを持っていき、大樹のテントをぐるぐると回っているようだったが、何故か襲いかかっても来なかったのだ。 一方、與次郎も、木の枝を利用して自力で膿を出し、体内の銃弾を取り出し、しかも水中に入って匂いを消すなど、クロスの知恵の深さに驚きつつ後を追い続けていた。 だが、その折、山中に奇妙なテントを見つけ、声をかけてみると、そこにいたのは……。

第5巻レビュー

  • 名無しさん

    おもしろいです!

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
朔風の挽歌(第5巻)

Now Loading!