ヒットラーの息子(第1巻)

ヒットラーの息子(第1巻)
著者
叶精作 / 小堀洋
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

正体不明の航空機が日本の領空を侵犯してきた。しかし、関係者たちが緊迫状態に陥ったその時、侵犯機はレーダーから姿を消した。機体は海に「墜落」し、大爆発を起こす。 その機体から脱出してきた男は、運良く漁師に拾われたものの、一切の記憶をなくしてしまっていた。しかも、自分が誰なのかさえ分からない彼のもとに、明らかに素人ではないと分かる男たちがやってくる。 だが、その正体不明の男は、襲いかかる屈強なプロたちを訳も分からず撃退してしまい……。

第1巻レビュー

  • 名無しさん

    広告がじゃまで全く読めない。
    閉じることも出来ない。

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ヒットラーの息子(第1巻)

Now Loading!