keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ヒットラーの息子(第2巻)

ヒットラーの息子(第2巻)

ヒットラーの息子(第2巻)
著者
叶精作 / 小堀洋
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

激しい刺客との戦いや思わぬ協力関係が築かれたこともあって、世界犯罪者同盟の全容が次第に見えてきた。彼らはボタンのような人間を切り札にしているのではなく、「核物質」を武器に用いていたらしかった。 そして、放射性物質に関するキーポイントである伊浜原発を調査していたボタンたちは、十数体にも及ぶ巨大な顔面をかたどった像を発見する。しかもその拠点は、狂犬病におかされた犬たちによって厳重な警備がされていた。 動物避けのために火をたき、ハードな戦いを繰り広げる調査者たちだったが、ボタンは狂犬病を持つ犬に噛まれてしまい……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!