破天荒鑑定士 真見士(第1巻)

破天荒鑑定士 真見士(第1巻)
著者
梶研吾 / 那須輝一郎
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
職業・ビジネス
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

その鑑定眼の確かさが業界でも広く知られている「呑天堂」。国会議員秘書を名乗る野村は、嫌がる西岡を半ば脅すようにしながら、その呑天堂の前に車を停める。 しかし、その店から裸の男女が出てきて痴話喧嘩を始めだした。しかも、その裸の男こそ「真見師」とまで呼ばれる店の主人、神大寺なのだという。 とは言え、その神大寺は、西岡が持ってきた信楽焼の壺を、たったひと目見ただけで一千五百万円の値をつけ、さらには西岡を叱り飛ばすようにして契約を成立させてしまう。 だが、そのやり取りには罠が仕込まれていて……。(「壺の宿命」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
破天荒鑑定士 真見士(第1巻)

Now Loading!