弁護士 綾小路春彦(第1巻)

弁護士 綾小路春彦(第1巻)
著者
梶研吾 / 那須輝一郎
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
職業・ビジネス
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

名家として知られる安達家の当主だった、安達徳太郎が亡くなった。しかし徳太郎には妻である京子だけでなく沢山の子供がいたため、当然遺産相続争いは熾烈を極める形となった。 徳太郎はきちんと遺言状を作って子供たちに別々の形で財産を分け、しかも遺言執行者として弁護士までつけたにも関わらず、遺産を受け取る側の子供たちは揉めに揉めてしまう。 そんな中、安達家の面々が知らない女性が現れる。牧野愛というその女性は、徳太郎の愛人であり、遺産分けして貰い供養をしようと考えて綾小路を訪ねたが、遺言状に不備があり、徳太郎の意思は反映されることはなかった。 しかし愛は、状況を完全に逆転させるようなある状況下にあった……。(「愛人の眼」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
弁護士 綾小路春彦(第1巻)

Now Loading!