keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
野獣の王国(第1巻)

野獣の王国(第1巻)

野獣の王国(第1巻)
著者
由起二賢
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
日本文芸社
レビュー

作品紹介

東京南方六百キロに存在する、孤島、鳥島。日本一梅雨が長く、夏場は水飢饉。しかも年中大風が吹き続けるというこの天然の要塞は明治時代、異様な盛況を呈していた。 たみは冷酷な「領主」玉木半兵衛に連れられるように島に来たが、荒くれ者たちは欲望をむき出しにして彼女を「歓迎」した。 しかもまかないは大きな肉など、今まで食べたことがない豪勢さだったが、荒くれた人足たちがこなしている仕事というのは、動きの鈍く大人しいアホウドリを無秩序に叩き殺す蛮行だった。 たみは悲惨な現実を目の当たりにして……。(「あほうどり挽歌」)

ISBN:
978-4537126792
ページ数:
266
公開日:
2019/02/08

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!