ふたりぼっち(第3巻)

ふたりぼっち(第3巻)
著者
咲澤蜜把 / ハヅキ
カテゴリー
女性漫画
ジャンル
恋愛・ラブコメ
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

恭平との再会で落ち着かなかった菜莉は、やっとお風呂でひと段落する。 今日一日をふり返り、嬉しいような恥ずかしいような不思議な気持ちになり、恭平が何を考えているのかわからなくなった。 お風呂から上がった菜莉を、恭平は薄暗い廊下で待っていた。 へんな汗が出ていることに自分でも気づいた菜莉に、恭平はもう寝るのかたずねてくる。 色々あり疲れた菜莉はもう寝ようと思い、おやすみと言いかけたところで恭平が菜莉の腕をグッと掴んできて…

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ふたりぼっち(第3巻)

Now Loading!