ふたりぼっち(第8巻)

ふたりぼっち(第8巻)
著者
咲澤蜜把 / ハヅキ
カテゴリー
女性漫画
ジャンル
恋愛・ラブコメ
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

恭平は菜莉をベットに倒してキスをしながら優しい手つきで服を一枚一枚脱がしてくるので、菜莉は頭が真っ白になってしまい戸惑いながらも恭平にすべてを委ねてしまう。 静かで暗い部屋の中で2人の声と息づかいが響きわたり菜莉は顔を赤らめてしまう。 時々菜莉の名前を呼ぶ恭平の優しくあまい声が聞こえる中で、菜莉の体は恭平の指や舌の動きに反応してしまい声を出してしまう。 恭平の体が熱くて本当にとけてしまいそうだ。 そしてふたりはついに…

第8巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ふたりぼっち(第8巻)

Now Loading!