ふたりぼっち(第19巻)

ふたりぼっち(第19巻)
著者
咲澤蜜把 / ハヅキ
カテゴリー
女性漫画
ジャンル
恋愛・ラブコメ
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

誰もいないリビングからした音の原因を探るためリビングに向かった菜莉は何者かに口を押さえられ、部屋の奥に引きずり込まれた。 菜莉は不審者だと思い殺されるかもしれない覚悟をしましたが、話しかけるその男の声は聞き覚えのある声だった。 恐る恐るそっと振り返る菜莉の目に入ってきたのは恭平の姿だった。 恐怖から解放された菜莉は腰が抜けて座り込んでしまい涙を流し恭平に文句を言うが、二週間ぶりの再会にドキドキしてしまった。 そしてリビングでふたりきりになったふたりは…

第19巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ふたりぼっち(第19巻)

Now Loading!