ドッ硬連(第7巻)

ドッ硬連(第7巻)
著者
松田一輝
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

羽生の肉体を乗っ取った「鬼」と強平の決戦が、間近に迫ってきた。隻腕盲目の十文字の剣も、奇妙な鎌のような武器を使う「鬼」には通用せず、瀕死の重傷を追ってしまう。 そんな中、強平、学校で働く用務員の男性から、自分が羽生の祖父だと身分を明かされた上で、彼が鬼と化したいきさつを聞かされる。それは、最新科学と、親や家族の愛情が交わりあった、悲哀に満ちたものだった。 その上で強平たちは、鬼の、つまりは羽生の殺害を依頼されるのだが……。

第7巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ドッ硬連(第7巻)

Now Loading!