銭華(第2巻)

銭華(第2巻)
著者
倉科遼 / 和気一作
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
フリーハンド
レビュー

作品紹介

片山の下で事務員として働きつつ、株に関するあらゆることを千尋は吸収していった。それは、単なる表面的な知識にとどまらず、自分の肉体が「武器」になるといった実戦的な要素も含まれていた。 しかし、「網元グループ」を束ねる波島社長は、既に片山の仕掛けの本質、記者を抱き込み提灯記事を書かせて、一般投資家をはめ込むというやり方を既に察知していた。 そんなことはおくびにも出さず、波島は早速片山と会談し、千尋もまた波島との密談の気配すら見せずに真剣な会話に同席するが、千尋の打った「仕掛け」も片山には露見してしまい……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
銭華(第2巻)

Now Loading!