ザ・コップ 特殺官(第4巻)

ザ・コップ 特殺官(第4巻)
著者
叶精作 / 小堀洋
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
職業・ビジネス
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

アクションシーンを撮影していた東日映画社で大事件が起こった。銃撃シーンで倒れた、と思われていた役者たちが本当に死んでいたというのだ。 しかし、大量の人が死んだはずにも関わらず、警察サイドには一切の通報や証拠が上がらず、しかも事件を告発した女性は事故に見せかけて殺されていた。 そこで嵐たちは俳優になりすまして、東日映画社の内懐に潜り込もうとするが、「女優」の乃木は外部との接触が一切できない状況に置かれ、しかもその撮影現場では本当に人が死んでいたのである……。(「殺人シネマ」)

第4巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ザ・コップ 特殺官(第4巻)

Now Loading!