ザ・コップ 特殺官(第7巻)

ザ・コップ 特殺官(第7巻)
著者
叶精作 / 小堀洋
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
職業・ビジネス
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

刑務所に入ることとなった剣崎たち。本当に罪を犯したからではなく、所長から刑務所内で殺人事件が続発しているが、その原因を探って欲しいと指令が下ったためである。働き出すとすぐに銃の部品が作業中に作られていることが分かった。 そこで嵐たちは騒ぎを起こし、独房に入ることで改めて所長と話をすることになったが、所長いわく、刑務所で作られている部品は、極秘に警察に納入されているというのだ。 しかも、作業中止を断行しようとすると、所長の腹心は殺され、所長も事故として殺されかけたという。警察中枢にも関わる巨大汚職の存在を知った嵐たちは……。(「黒い巨塔」)

第7巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ザ・コップ 特殺官(第7巻)

Now Loading!