掟の紋章(第3巻)

掟の紋章(第3巻)
著者
牛次郎 / 那須輝一郎
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

勢いや時流の流れはいかんともしがたく、児玉組も、その母体である大和田会も、金星連合に飲み込まれるような状況に陥りつつあった。 そんな中銀次は、人づてに紹介された同業者の古賀のところに身を寄せることになった。 だが、銀次を丁重に扱おうと考えてくれている古賀だが、戸籍売買というヤバいシノギに手を染めている上に、兄貴分たちからは、銀次を匿うのは適当なところでやめろと、出世をちらつかされた状態で言い含められてもいたのだった……。

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
未設定
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
掟の紋章(第3巻)

Now Loading!