惨劇の家(第1巻)

惨劇の家(第1巻)
著者
川崎三枝子
カテゴリー
女性漫画
ジャンル
短編集
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

三十八歳の章子は、家と財産を手中に収めるために結婚を決意した。しかしその夫となる男性には、何十年も二人きりで生活をしていた姑がいた。姑は章子に対しての敵意を隠そうともしないほど強烈な性格をしていた。 当初はまったく愛情を感じていなかった夫とも次第に慣れていき、さらには妊娠が明らかになるなど、夫婦としての歴史を確実に積み上げてきた章子だったが、姑はそんな彼女に恐るべき計画を立てていた。 それは、離婚をより容易なものとするため、認知症になったフリをして章子に襲いかかるというものだった。まったく予期せぬ猛攻を受けることになった章子の肉体は深く傷つき、流産に至ってしまい……。(「惨劇の家)」

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン( リンク:curazy.com/commenting-guidelines )をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
惨劇の家(第1巻)

Now Loading!