船に棲む(第3巻)

船に棲む(第3巻)
著者
つげ忠男
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
ヒューマンドラマ
出版社
グループ・ゼロ
レビュー

作品紹介

不景気や出版不況が忍び寄る時勢の中、津田も自分の立ち位置を見失いかけていた。雑誌の仕事は不意の休刊があった上に、編集者の言葉から、嫌でも自分の力量の衰えを自覚せざるを得ず、ほとんど文章を書かず、ショップの方に注力する形になっていた。 しかし、今の世の中は、かつて津田が熱心だった頃のやり方は通用しなくなっており、また津田も、お洒落にヒゲなどたくわえてはみたものの、ショップ店員として専念する気にもなれず、結局はまた、舟と釣りに向かってしまうのだった。

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
船に棲む(第3巻)

Now Loading!