メニュー
arrow_back マンガトップへ戻る
マンガ > 青年漫画 > サスペンス・ミステリー > (第1巻) ヤメ検弁護士シャチ

(第1巻) ヤメ検弁護士シャチ

著者
加藤唯史
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
サスペンス・ミステリー
出版社
グループ・ゼロ
レビュー
ページ数:
194
公開日:
1997/02/01
第1巻を読む

全巻一覧を見る

レビューを読む・書く

作品紹介

元検事で現在は弁護士のいわゆる「ヤメ検弁護士」の英剛直(はなぶさ たけなお)は、とある強盗殺人事件の国選弁護の依頼を受ける。容疑者の末野光二と面会した英は、検事時代の勘からすぐにこの男が弁護のしようのない殺人者と察するが、突如末野は警察の調書を否定し冤罪事件だと主張をはじめる。英は弁護士でありながら、末野が自供するように仕向けるよう画策する…。検事時代は「シャチ」の異名で恐れられた英の新たな戦いがはじまる…!作者は1973年に貸本雑誌「劇画No.1」掲載の「妖かしの森にてデビューした加藤唯史。

第1巻レビュー

※コメントは承認制となっています。記事とは関係ないコメントやライターへの誹謗中傷は削除される可能性があります。クレイジーについてご意見がある方はお問い合わせください。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

Now Loading!