半蔵の門(第2巻)

半蔵の門(第2巻)
著者
小池一夫 / 小島剛夕
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

織田と今川がぶつかろうという緊迫した状況の中、今川氏真が女の素ッ破を捕らえたという情報が入った。 残忍な氏真に弄ばせてはならないと、半蔵は元康の命令を受けて、女性を救出すべく動く。しかし、味方の中での事であるため、手荒な真似はできない。 そこで半蔵は氏真が彼女の肉体を弄ぶのを読んで、女性の肉体に眠り薬を垂らしておくという奇策を成功させ、氏真の手から女性を救出する。 しかし、半蔵は忍びでありつつも、まだ若い青年の「男」であり……。

第2巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
半蔵の門(第2巻)

Now Loading!