半蔵の門(第3巻)

半蔵の門(第3巻)
著者
小池一夫 / 小島剛夕
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

元康が姿を消した半蔵に思いを巡らせている頃、半蔵と九十九は、いつ果てるとも知れないとび加藤との死闘に臨んでいた。 加藤は手傷を負ったものの、半蔵たちよりもずっと格上だった。であれば、加藤は本来、逃げるなり半蔵を仕留めるなりするはずのところを、あえて決着をつけずに弄んでいたのだ。 一方、戦いを優位に進める加藤だが、半蔵たちの行動を理解することができなくなっていた。加藤と半蔵の違いは「女」への認識がまったく異なっている部分があり……。

第3巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
半蔵の門(第3巻)

Now Loading!