半蔵の門(第4巻)

半蔵の門(第4巻)
著者
小池一夫 / 小島剛夕
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

激闘の末、今川方からの刺客を自称する凄腕のくノ一「飯母呂の亀甲」を捕らえることになった半蔵たち。 しかし、観念した様子の亀甲とは裏腹に、半蔵は彼女は今川の刺客ではないと看破する。超一流の忍びならではの観察力で半蔵が見抜いたのは、彼女たちが何としても「子種」を欲しがっているとのことだった。 悔しがりながらも自ら体を投げ出すようにして「要求」する彼女は、どうしても半蔵の子種が欲しいと要求を突きつけてきた……。

第4巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
半蔵の門(第4巻)

Now Loading!