半蔵の門(第7巻)

半蔵の門(第7巻)
著者
小池一夫 / 小島剛夕
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

半蔵は家康の後継者的な存在でもある信康に、根拠のない不安や苛立ちを覚えていた。何故なら信康が、小柄で非力な家康の家系には有り得ないほどの剛力で、今川義元を思わせるものがあったからである。 一方、半蔵によって父、信玄を討たれてからというもの、これと言った戦功を立てることができないでいる状況に、武田勝頼は怒りと焦りを覚えていた。 そんな折、今川家ゆかりの忍びでサスケと名乗る男が現れ、勝頼に信康の「秘密」を述べる。さらにサスケはその「秘密」を軸に、徳川家と織田家の仲を引き裂く計略を提案する……。

第7巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
半蔵の門(第7巻)

Now Loading!