首斬り朝(第1巻)

首斬り朝(第1巻)
著者
小池一夫 / 小島剛夕
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
歴史・時代劇
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

山田流試刀術を継ぐべき男、吉継は先代である彼の父の引退に伴い、奉行に目通りした。そこで奉行から実際に「斬り」の腕前を確かめると言われた吉継は、先代と語らうことになった。 そこで吉継は、「鬼庖丁」と呼ばれた名刀を受け継ぐとともに、山田流試刀術の印可を授けられる。だがそれは、丸腰で座した師匠である父の首を飛ばすという、残酷極まるものだった。 無論吉継は動揺するが、既に父は陰腹を斬っていて、介錯が必要な状態だった。吉継は大上段から刀を振り上げる。(「鬼庖丁哭くとき」)

第1巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
首斬り朝(第1巻)

Now Loading!