栄光なき天才たち(第4巻)

栄光なき天才たち(第4巻)
著者
森田信吾
カテゴリー
青年漫画
ジャンル
スポーツ・格闘技
出版社
ゴマブックス
レビュー

作品紹介

群馬県の村の中でも一番という名家に生まれた佐藤次郎は、親の期待を一身に受けて育ち、早稲田大学に進み、テニスプレーヤーとしても超一流の域にあった。 その実力はあのイギリス・ウィンブルドンで優勝を競うほどのレベルに達していたが、「敵地」に乗り込んでの激戦、そして、国王来訪までをもうまく勝負に活かしていくボロトラの老獪さなどに阻まれ、優勝には至らなかった。 しかし、次郎が戦っているのは単なる競技ではなく、国の威信を賭けた「戦い」の領域でもあり、その重過ぎる圧力が、彼に負の影響を与えていく……。(「佐藤次郎」)

第4巻レビュー

※不具合のご報告はお問い合わせフォームからお願いいたします。

※コメントは、コメントガイドライン をご覧のうえで投稿するようお願いします。

コメントを
投稿しました!

承認待ちです!

ごめんなさい!

コメントの投稿に
失敗しました!

コピーしました!

keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
栄光なき天才たち(第4巻)

Now Loading!